ボストン事変勃発

April 11, 2018

今ちょうどボストン(正確に言うとその北にあるケンブリッジ、要するにハーバードとMITのある街だ)に、二週間の出張に来ている。理由は、前にも書いたが年明けからWikitopiaプロジェクトについて協力体制を構築していたハーバード大学の先生(とりあえずここでは名前を伏せて、A教授とでもしておこう)が、4月に人をたくさん集めてWikitopiaワークショップをやろう、と言って誘ってくれたからだ。A教授はハーバードの建築学部で研究グループを率いており、その傍で自分の事務所も経営している。研究グループの大学院生が事務所の所員も兼ねていたりして、昔からいまいち学内と学外の活動の境目がはっきりしない。

A教授に、Wikitopiaプロジェクトについて初めて話したのは去年の年末だ。すぐに興味を持ってくれて、何でも協力するから遠慮なく言ってくれ、とのことだった。Wikitopiaプロジェクトでは積極的な海外展開を早くから進めていきたいと思っていたので、年が明けてすぐに「国際アウトリーチ活動補助」といった名目で少額の業務委託契約を締結した。日本国外におけるプロジェクトの周知や、協力者・協力機関探しを手伝ってもらうことが狙いだった。そこから数ヶ月、契約額から僕が予想していたよりもだいぶ積極的に動いてくれていたようで、アメリカ・イタリア・中国でのワークショップの企画や、一流の建築雑誌におけるプロモーションの計画なども立ててくれた。今から思えば、どう考えてもお金のかかる企画ばかりなのだから、この時点で警戒しておくべきだったのだ。しかしA教授には当初より年度予算の総額を伝えていて、この範囲内でしか活動できないとはっきりと言ってあったから、アウトリーチやプロモーションに使える資金なんて大してないことは分かってくれているだろうと高を括ってしまっていた。頭が悪いにも程がある。

4月のハーバードでのワークショップは、こうしたアウトリーチ計画の第一段階になるはずだった。たった2日間のワークショップを開催するために二週間もボストンに滞在することにしたのは、事前準備に時間がかかるだろう、というA教授の意見に基づいたものだ。A教授はワークショップの開催には慣れているが、Wikitopiaプロジェクトは僕が発案したものなので、このプロジェクトの目的にきちんと貢献するワークショップを設計するためには、現地で相談しながら計画を練る必要があるという考えだった。また開催にかかる費用については、計画の詳細により上下するのだからフライト前ではなく、ボストンに到着してから一週間程度のうちに調整して契約をまとめればいいだろう、という話だった。ここでも、契約額や内容について大まかにでも決めておかなかったことは大失策だったと言わざるを得ない。

ボストンに着いた翌日、A教授の事務所の所員と、ワークショップに関する最初の打合せを行った。しかし僕はそこで大きな衝撃を受けることになる。同年代くらいの所員に渡された書類には、僕ではなくA教授をPI(Principal Investigator、つまり研究グループのリーダー)とした、大型プロジェクトへとWikitopiaプロジェクトを組み替えるプランが書かれていたのだ。確かにハーバード大学の、それも結構ベテランの先生だけあって、外部資金のあても豊富にあるのだろう。計画は多数の公的機関やスポンサーから多額のお金を集めてきて、A教授の下で複数のチームを走らせるというもので、僕が率いるチームはそのひとつとして位置づけられていた。

仮にこれが計画のすべてだったなら——すなわち、形の上でだけ大型プロジェクトの傘下に入るというだけで、僕のチームにはきちんと自律性が与えられているようなプランであったなら、特に問題だとは思わなかったかもしれない。それどころか、形式上大型プロジェクトの一部となることでA教授の持つリソース、ひいてはハーバード大学の持つリソースを自由に使えるようになるのであれば、それはWikitopiaプロジェクトの遂行にとってプラスになると判断したかもしれない。しかしこのプランにはまだ続きがあった。所員は契約書のドラフトも渡してきたのだが、それはなんとWikitopiaプロジェクトの年間予算の大部分(記述に若干曖昧な部分があったため解釈により割合が変わるが、最低でも8割程度、最大なら全額だ)を、この大型プロジェクトの資金として提供することを迫るものだった。なんだこれ。僕は一瞬言葉を失ってしまった。

そもそもこんな契約は研究費の出所であるJSTが許容しない(研究代表者としての責任を放棄することを意味する)が、もっと根本的なレベルで話にならない。要はこれは、Wikitopiaプロジェクトを丸ごと自分にくれ、と言っていることに等しい。A教授がWikitopiaプロジェクトの新リーダーとなり、我々は自律的に動くチームではなく、単にハーバードの手先として働く研究員の身分になってしまう。到底許容できる話ではないし、僕にとっては完全な侮辱だ。真っ赤に怒って、その場で怒鳴り散らして、気がついた時には所員をすっかりやり込めてしまっていた。正直、自分が何を言ったのか具体的には覚えていないのだけれど、彼の自信を喪失させるような痛烈な言葉をいろいろ浴びせてしまったような気がする。自分の方に正義があるといくら確信していたとはいえ、さすがに他にやりようがあったかもしれない。本当に反省点ばかりが増えていく。

今から振り返ってみると、もしかしたらA教授と所員の間でうまく意思の疎通ができていなかったのかもしれない。A教授とはこれまでも何度か一緒に仕事をしてきたから、普段から契約関係など(それどころか仕事の大部分?)は事務所の所員に任せっきりだということはよく知っている。僕がこれまでSkypeで打合せをしてきた相手はA教授だが、今回の契約書を作ったのは多分事務所の所員たちだろう。そして僕にはなんとなくだが、所員たちが何をどのように勘違いして、今回の契約書を作ってしまったのかが分かる気がするのだ。(ちなみにA教授は未だに僕が何に怒っているのかよく分かっていないようで、Darwin’sにサンドイッチでも食べに行こうかとメールを送ってきた。いやいやいや。)

そういうわけで、所員の彼には可哀想なことをしてしまったかもしれないが、問題はワークショップだ。あれだけの大喧嘩をしてしまった後で、予定通り開催に協力してくれとは言えないだろう。また万が一仲直りできたとしても、そもそも今回のワークショップはWikitopiaプロジェクトの予算がほぼ全額入る前提で計画が練られていたようなので、そのような契約を僕が許容しない以上白紙に戻す以外の選択肢はない。これは出張を早めに切り上げて、東京に帰るしかないかと思っていたところ、A教授とは関係ないが同じくWikitopiaプロジェクトを手伝ってくれているアメリカ人の友人が「そんなのA教授に頼らず俺たちで企画して開催すればいいじゃないか」と言ってくれた。確かにそうだ。せっかくアメリカまで来て何もせずに帰るなんて時間とお金の無駄だし、そもそもワークショップは明確な目的を持って開催を目指していたものなのだから、その目的を果たさずに帰国していいわけがない。現在の白紙の状態から10日間で猛スピードで計画し、参加者を集めて、出張の最終日である4月20日の午後に半日のワークショップを開催しようということになった。

無茶なスケジュールではあるが、幸いボストンは昔住んでいただけあって、それなりに人脈もある。早速、無料(感謝!!)で貸してくれるボストン市内の会場が見つかった。次は参加者の確保だ。Wikitopiaという学際的なテーマにふさわしい、多種多様なバックグラウンドの参加者を集める必要がある。建築、アーバンデザイン、プロダクトデザインなど、デザイン系の人たちは順調に集められそうだが、技術系が足りない。特にネットワークサイエンスあたりの専門家に来てもらいたいのだが、そもそもやっている人が少ない分野だし、今からスケジュールの合う人を見つけるのは難しいだろうか。とにかく開催までの残り10日、できるだけのことをやってみよう。当初の予定よりも小規模なワークショップになってしまったとしても、自力で開催する過程で得られる人脈や経験は、今後プロジェクトを進めていく上で大きく役に立つはずだ。