ATLAS OF FUTURE CITIES

Atlas of Future Cities is a collection of essays by an international group of researchers and practitioners, each discussing the possible effects of emerging technologies on 21st century urbanism. Published on Mar. 1, 2017 with financial support from Japan Science and Technology Agency (JST), the booklet is a must-read for anyone interested in the future of cities. All text is in Japanese, but please contact me if you would like a copy.

Essays written by: Yuichiro Takeuchi, Anthony Townsend, Carlo Ratti, Matthew Claudel, Alex Washburn, Olafur Eliasson, Yoshihiro Kawahara, Yasutaka Yoshimura, Luis Bettencourt

Edited by: Yuichiro Takeuchi, Jiro Iio, Hinako Izuhara, Toru Horiguchi, Shin Akiyama

Atlas of Future Cities(未来都市アトラス)は国内外の研究者や実務家による、先端技術が今後都市に与える影響について書かれたエッセイの集合体です。科学技術振興機構(JST)の助成を受けて制作し、2017年3月1日に発行されました。幅広い立場からの議論が展開されており、都市の未来を考える上でのさまざまなヒントが散りばめられています。数に限りがありますが、郵送を希望される方はこちらからご連絡ください。

エッセイ執筆陣(敬称略): 竹内雄一郎、アンソニー・タウンゼント、カルロ・ラッティ、マシュー・クローデル、アレックス・ウォッシュバーン、オラファー・エリアソン、川原圭博、吉村靖孝、ルイス・ベッテンコート

制作チーム(敬称略):竹内雄一郎(監修)、飯尾次郎 + 出原日向子(編集・DTP)、堀口徹(翻訳協力)、秋山伸(デザイン)

Atlas of Future Cities